オフィシャルブログ

八重歯の原因と治療法とは|神戸で歯科矯正に悩む方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

「八重歯ってなぜ生えるのか知りたい。」
「八重歯の治療法を教えてほしい。」
このようにお考えの神戸にお住まいの方は多いのではないでしょうか。
八重歯を治したいと考える方はたくさんいますが、どのように治療するのか知らない方がほとんどです。
そこで、今回は八重歯が生える原因と治療法についてお話しします。

□八重歯とは

八重歯の正式名称は、「上顎犬歯低位唇側転位」といいます。
上あごの犬歯と下あごの犬歯が触れあうことがないので、先端が尖っているという事は皆さんご存じなのではないでしょうか。

□どうして八重歯は生えるのか

*八重歯は顎の大きさが原因

八重歯は顎が小さいことによって、生えるのが遅い犬歯が前に飛び出してしまうことでできます。
八重歯は前後に歯が重なってしまうため、歯磨きがしにくく、食べかすが残ってしまい口臭の原因になります。
また、しっかりと噛み合わないので周りの負担が大きくなってしまい、知覚過敏の原因になることもあります。

*八重歯は遺伝?

八重歯の原因として、遺伝的要因が挙げられます。
歯自体が遺伝するわけではなく、顎の大きさや歯の大きさが遺伝するのです。
また食生活によって、顎の筋肉が弱く頬の筋肉が常に緊張している場合、顎の成長を阻害する事もあります。

□八重歯の治療法

*セルフライゲーションシステム

セルフライゲーションシステムによる歯科矯正は治療期間が短くて済みます。
また、従来の器具と違い、ワイヤーが外れる事を防ぐための、ふたが付いているので強く固定する必要がありません。
そのため、痛みが少ない治療法です。

*マウスピース型矯正治療

プラスチック製のマウスピースを使用する治療法です。
マウスピース型なので取り外しが可能で、食事や歯を磨く際は、取り外せるので口内環境を健康に保てます。
しかし、一日の決められた時間は付けなくてはなりません。
また歯を大きく移動させる事ができないので、重度の八重歯の場合治療が困難です。

*リンガル矯正

歯の裏側に装置を付けるので、矯正器具が目立たない治療法です。
見た目を気にするお仕事の方におすすめです。

□抜歯も考えに入れておく

八重歯がどの歯なのか、自分の歯と顎の大きさの関係はどうなのかをしっかりと把握しどの治療法が良いのか考える必要があります。

□まとめ

以上、八重歯が生える原因と治療法についてお話ししました。
この記事を参考に、八重歯の歯科矯正を考えてみてはいかがでしょうか。
自分が、八重歯を抜くべきか迷っている、どの治療法がよいのか教えてほしいという方はお気軽にご連絡ください。