オフィシャルブログ

神戸の歯科矯正でお悩みの方必見!歯科矯正で抜歯をする理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

「歯科矯正でどうして抜歯を行うのか教えてほしい。」
「抜歯が必要だと診断されて迷っている。」
このような悩みをお持ちの、神戸在住の方はいらっしゃいますか。
歯科矯正で抜歯は一般的に行われている方法です。
しかし、どうして抜歯をしなくてはならないのでしょうか。
そこで、歯科矯正で抜歯を行う理由と抜歯のメリット、デメリットについてお話しします。

□どうして抜歯を行うのか

*歯科矯正のための空間を作る

歯科矯正を行う理由として、顎の骨の大きさと歯の大きさのバランスが取れていないことがあげられます。
そのため、歯並びを矯正するために空間を作る必要があります。
その空間を使い、はみ出た歯列を矯正します。

*将来の口の健康を保つ

抜歯が必要なのに、無理して歯列を広げてしまうと、歯周病になる危険性や、歯肉が下がってしまう恐れもあります。

*無理に非抜歯で並べるとゴリラ顔になってしまう

抜歯をせずに、無理に大きな歯を一列に並べようとすると、口元が盛り上がってしまうことがあります。
抜歯をすることで、ゴリラ顔と呼ばれる事を防ぐことができます。

*矯正前の状態に戻ることを防ぐ

十分な空間を確保する事なく、無理に歯を移動すると、矯正前の状態に戻る危険性が高まります。
反対に抜歯後に、大きく歯を移動させなくてはならない場合も、矯正前の状態に戻りやすいです。

□抜歯を行うメリット

*綺麗な歯並びになる

欧米人と違い、日本人は顎の大きさが小さいです。
そのため、顎の大きさと歯の大きさのバランスの違いが生じてしまいます。
しかし、抜歯を行うと日本人も顎と歯の大きさのバランスを取ることができます。

*歯茎の後退を防ぐ

顎の骨の大きさと歯の大きさのバランスが取れていない状態で、非抜歯で歯科矯正を行うと、歯に大きな負担がかかり、歯茎が後退してしまうリスクもあります。

□抜歯を行うデメリット

*噛む力が衰える

抜歯をするということは、歯列全体の力が下がるということです。
同じ力を、少なくなった歯で支えることで、一つ一つの歯にかかる力は大きくなります。

*健康な永久歯を失う

永久歯は一度抜いてしまうと、二度と生えてきません。
そのため、抜歯をしないに超したことはありません。

□まとめ

今回は、歯科矯正で抜歯を行う理由と、メリット・デメリットについてお話ししました。
この記事を参考に、抜歯について考えてみてはいかがでしょうか。
抜歯についてより詳しく知りたい、自分は抜歯が必要なのかを教えてほしいという方は、ご相談下さい。