オフィシャルブログ

スライス矯正とは|神戸で歯のお悩みをお持ちの方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

「抜歯は痛いという話を聞いたことがあり、手術に踏み出せない。」
「スライス矯正とはなにか教えてほしい。」
このような悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。
抜歯には痛みが伴うという話は、よく耳にすると思います。
しかし、歯を抜かずに矯正する方法があるのでしょうか。
そこで、スライス矯正とはなにか、スライス矯正のメリットについてお話しします。

□スライス矯正とは

*歯を抜いてスペースを作るとは違う

八重歯などの歯並びを治療する際、もっとも行われている治療が、小臼歯を抜くというものです。
歯を抜くことでできたスペースに歯を動かして、歯並びを整える治療法のことです。
しかし、反対に歯を抜くと隙間ができてしまう場合は適しません。

*スライス矯正は歯を抜かない

歯を抜いて歯科矯正をする治療法とは違い、スライス矯正では歯を削り、歯並びを整えます。
麻酔を使う必要がないので、体質などで麻酔が打てない方も安心して治療ができます。
また、歯を抜くことに抵抗のある方や、歯を抜くと反対にスペースが余ってしまう場合にスライスカット矯正は使用されます。
ストリッピングや、ディスキングと呼ばれています。

□スライス矯正のメリット

*痛くない

歯の表面のエナメル質を削るため、痛みはありません。
そのエナメル質は厚さが、1.5ミリほどあるので、スライス矯正で0.25~0.5ミリ削っても神経に触れることはないので、痛くありません。

*歯を抜かない

歯を抜くことに対する抵抗がある方には、歯を抜かずに治療ができるのは、大きなメリットです。
しかし、歯を削ることで、虫歯の原因になるのではと心配される方もいるのではないでしょうか。
その対処法として、スライスした部分はフッ素で虫歯予防をするので、心配はいりません。

*治療期間を半減できる

抜歯をする治療法に比べて、スライス矯正は約三分の一から半分の期間で治療ができます。
なぜなら、抜歯の場合はスペースが大きく空いてしまいますが、スライスカット矯正であれば、歯を動かす期間が短くなるためです。
また、歯の大きさを変えることができるので、大きくて悩んでいる方も調整が可能です。

□まとめ

今回は、スライス矯正とはなにか、スライス矯正のメリットについてお話ししました。
この記事を参考に、抜歯とスライス矯正を比較してみてはいかがでしょうか。
スライス矯正と抜歯のどちらが自分に適しているのかわからない方は一度ご相談ください。
親身に対応させていただきます。