オフィシャルブログ

神戸で口臭対策したい方必見!歯科矯正と口臭の原因とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

「歯科矯正と口臭の関係を知り、対策方法も教えてほしい!」
「接客業なので、口臭が気になる。」
とお考えの神戸在住の方はいらっしゃいませんか。
歯科矯正をして、第一印象を良くしたいという方も多いでしょう。
しかし、歯科矯正をすると歯が磨きにくくなり、汚れがたまりやすく、口臭が気になってしまう場合もあります。
そのため、仕事やデートなどの場面で人と話す場面で口臭を気にして、自信を失ってしまうなんて事にもつながります。
そこで今回は、歯科矯正による口臭の原因と、その対策についてお話しします!

□歯科矯正による口臭の原因

*食べカスを取り除くことができない

矯正器具を付けていると、歯と器具の間に食べかすが溜まってしまいます。
丁寧に歯を磨いていても、なかなか磨きにくく汚れがたまり、口臭の原因になってしまいます。
ワイヤーブラケット法を行うことが多いですが、ブラケットの凹凸部分は食べかすが溜まりやすく歯磨きもしづらいので細菌が繁殖してしまいます。

*口内が乾燥する

歯科矯正を行う際に、噛み合わせを緩める場合もあります。
その場合、口を開けっ放しにする状態を作ることもあるので、口内が乾燥してしまいます。
本来、唾液によって口内の細菌の増殖が抑制されています。
しかし、口が開きっぱなしになることで、細菌が繁殖し口臭の原因となるのです。

*矯正器具で口内に傷ができる

矯正器具と口内の粘膜が接触し、何らかの炎症や傷が付くことがあります。
そのようにしてできた炎症や傷が膿んだりすると、口臭の原因になります。

□歯科矯正による口臭の対策

*歯科矯正用の歯ブラシを使う

歯科矯正用の歯ブラシがあるので、そちらを使用すると汚れを落としやすいです。
普通の歯ブラシだと、装置がずれてしまうこともあるので注意が必要です。
また、矯正中はなるべく構内の環境を健康に保つために、食べたらすぐ歯を磨くようにしましょう。

*歯医者に通う

どんなに心がけて歯を磨いていても、取れていない汚れは存在します。
そのため、定期的に歯医者に通い、口内環境を健康に保つようにしましょう。

*抗菌作用のあるうがい薬を使う

歯磨きだけではなく、抗菌作用のあるうがい薬でうがいをすると口内環境を健康に保てます。
常に口の中を清潔にする事を意識しましょう。

□まとめ

今回は、歯科矯正による口臭の原因と、その対策についてお話ししました。
この記事を参考に、口臭対策をしてみてはいかがですか。
また、どうしても口臭が気になるという方はお問い合わせください。
優秀なスタッフがいるので安心して相談いただけます。