オフィシャルブログ

ゴムかけとは?種類は?神戸で歯科矯正を考えている人必見!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

 

歯科矯正には「ゴムかけ」と呼ばれる手段があるのをご存じでしょうか?
矯正治療をしていると、治療が進むどこかのタイミングで「エラスティック」と呼ばれる、自身で取り外すゴムを使った治療をする場合があります。
他の矯正とタイプが違うため、本日はゴムかけについて詳しくお伝えします!

 

 

□ゴムかけについて

 

ゴムかけとは、矯正器具についているフックのような場所にゴムを自らつけてひっかける治療です。
普通の矯正と一番異なるポイントは、自分でつける時間を操作する点です。
そのため、ゴムかけは患者さん自身の協力が不可欠な治療法なので、患者さんのやる気が重要です。
ゴムかけは矯正期間中ずっと行うものではなく、期間中の一部だけ行うことが多いです。
人によっては、ゴムを口の中に装着することにはじめは慣れなかったり違和感を感じたりすると思います。
しかし、ほとんどのか徐々に慣れて最終的には自分で装着できるようになるのでご安心ください。

 

 

□ゴムかけの種類

 

ゴムのかけ方にはいくつか種類があり、治したい症状によって変わります。
1つ目は、主に上の前歯が前に出ている症状の時に使うゴムのかけ方で、2級ゴムと言います。
上の歯が後ろに、下の歯は前に引っ張られる力がかかることによって歯を動かします。
2つ目は、前歯のかみ合わせが上下逆になった症状に対応するゴムのかけ方で、3級ゴムと言います。
2級ゴムの反対方向に力がかかることで歯を動かします。
3つ目は上下の歯が接していない場合に使用するかけ方が垂直ゴムです。
隙間が空いている歯同士にゴムを縦にかけて引っ張り合いをすることで、徐々に隙間をなくしていきます。
このように各症状でかけ方が異なるので、最初は専門家に相談してみましょう。

 

 

□ゴムかけの注意点

 

このゴムかけの目的は、ゴムの力を使って歯を動かすことです。
1日の平均的な装着時間はおよそ18時間以上となっていますが、その時間は個人によって変わります。
ここで大事なのが、担当医から言われた指示を忠実に守ることです。
万が一、外している時間が長くなってしまうと、本来の効果が発揮されず治療期間が長引く可能性があります。
またゴムをつけると口が開きづらくなるので、最初はつけている間は口元が疲れてしまいます。
そしてゴムは食事や歯磨きの際に外しますが、その都度新しいものに交換しなければいけません。
ゴムの力が弱まってしまったものを使ってしまっては、効果が薄まってしまいます。

 

 

□まとめ

 

今回は、矯正中に行うゴムかけについて、基本情報や注意点をご紹介しました。
他の矯正とは違い、自分でやることが多かったり注意点も多かったりするので大変だと思います。
ゴムかけをしっかり使えるかどうかで治療結果や治療期間が大きく変わるので、根気よく頑張りましょう。
興味を持っていただいた場合はお気軽にご連絡ください。