オフィシャルブログ

神戸にお住まいの方へ|歯科矯正の装置についてどこまで知っていますか?一気にご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

「成人した今歯科矯正をしようと思っている」
「歯科矯正の種類について知識が少ないため、どのような種類があるのかを教えて欲しい」
歯科矯正の治療を受けたくて興味は強くあるものの、情報をあまり持っていないという方もいらっしゃると思います。
今回は、歯科矯正に使う装置の種類を3つご紹介します。
それぞれの特徴と選ぶ基準についてわかりやすくご説明いたします。
ぜひ治療内容を決める際の参考にしてください。

 

□ワイヤー矯正

1番オーソドックスでイメージしやすい矯正の種類ではないでしょうか。
歯の表面部分に特殊な矯正装置「マルチブラケット」を配置します。
その部分にメタルといったワイヤーを通し、器具を固定します。
歯を引っ張る形で美しい歯並びにする治療法です。
マルチブラケットにも種類があります。
金属ブラケット、審美ブラケット、セルフライゲーションブラケットです。
金属ブラケットは安価で丈夫という点が売りです。
審美ブラケットは目立ちにくいという特徴があります。
セルフライゲーションブラケットは、痛みを抑えつつ短い期間で治療が終えられます。

 

□裏側矯正

器具を裏側に取り付けるということで目立ちにくいのが特徴です。
外見の変化に悩むことがあまりないと言えます。
前歯を内側に入れ込みたい場合等に適しています。
しかし、口に違和感を抱きやすい治療法と言えます。
高額な治療ですので予算との相談が必要です。

 

□マウスピース矯正

取り外しが可能で、異物を口に入れている意識を感じにくい治療法です。
周囲に歯科矯正が気づかれないうえに、取り外しによる簡単な管理が期待できます。
ブラッシングが簡単でストレスの軽減にも繋がります。
当社がおすすめするのは、透明で薄いマウスピース「インビザライン」です。
精密検査を行った後に、装置を製作し治療計画を立てます。
治療中には決められた期間でマウスピースを取り替えます。
マウスピースの装着時間や交換に規定があるため、きちんと守りましょう。
誤った装着期間では仕上がりが悪くなる可能性が高いので要注意です。

 

□まとめ

この記事では、歯科矯正に使う器具の種類についてご説明しました。
それぞれに特徴があり価格帯も異なるため、お客様に1番適したものを選んでください。
当社はインビザラインを専門としており、高い技術と丁寧な対応でお客様の要望にお応えします。
少しでもインビザラインの治療法に興味を持たれた方は気軽にご相談ください。
お待ちしております。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。