オフィシャルブログ

神戸にお住まいの方に知って欲しい!歯科矯正を受けている際におすすめの食事

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

「歯科矯正を始めたら食生活は変えなければいけないのだろうか。」
「歯科矯正の治療を受けている間、食生活において気をつけることを教えて欲しい。」
歯科矯正では器具を取り付けて治療をするため、食事に影響が出ないか心配ですよね。
今回は、矯正中の食事制限や矯正中におすすめの食べ物をご紹介します。
さらに食事中取り外せる便利な矯正器具についてもご説明します。

 

□歯科矯正の治療中に食べない方が良いもの

食べ物によっては矯正器具を壊す可能性があります。
キャラメルやお餅といった粘り気が強いものは装置にへばりついてしまいます。
同様にガムは細かく分解され、あらゆる部分にくっつきます。
煎餅のような堅い食べ物も装置を壊す可能性が高いため、避けた方が良いでしょう。
歯で噛みちぎる、丸かじりするといった歯に強い力がかかる食べ物にも要注意です。
食べ物を先に細かく切るなど、食べ方に気をつけましょう。
治療器具を着色しかねない食べ物には気をつける必要があります。
食事では、カレー、キムチなどが挙げられます。
飲み物では、紅茶、コーヒー、ワインなどです。
マウスピースは食事中に取り外せますが、うっかり忘れてしまうと色がついて取れなくなってしまいます。

 

□矯正中におすすめの食べ物

歯科矯正を始めたばかりの方は口内に痛みを感じることがあるかもしれません。
装置が定着していないことや、口内状況に慣れていないことが原因です。
そういった場合に食べやすいメニューをご紹介します。
お食事の際に役立ててください。
食事しやすいものとして、装置に挟まりにくく、やわらかい食べ物をおすすめします。
おかゆ、グラタン、うどんなどの太麺、卵料理といった口当たりがやわらかく食べやすいものをチョイスしましょう。
それでも歯が痛い、噛む作業が辛いといった方には、噛まずに食べられる食事が良いでしょう。
例えばスープなどの汁物、マッシュポテト、果物、ヨーグルトやゼリーといったデザートがあります。
歯科矯正の痛みにはピークがあり、途中で軽減されますので心配しなくても大丈夫です。

 

□まとめ

この記事では、歯科矯正の治療中におすすめの食事をご紹介しました。
当院が取り扱っているインビザラインは、食事中に器具を取り外すことが可能です。
器具の圧迫が無いため咀嚼の際、痛みを軽減できると思います。
食べ物が器具の隙間に挟まる恐れがないため、安心して食事を楽しみましょう。
インビザラインについて興味を持たれた方は、ぜひ当院にご相談ください。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。