オフィシャルブログ

歯科矯正におけるクリーニングの必要性について紹介!神戸在住の方必見!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

今、歯科矯正をされている方!
もしくは、これから歯科矯正をしようかとお考えの方!
歯科矯正をする際は、ぜひ歯のクリーニングもしていただきたいです。
今回は、歯科矯正中のクリーニングについてご紹介いたします!

 

□歯科矯正治療中に歯のクリーニングをする理由

歯科矯正治療では、口の中に装置を着けますよね。
その装置は、基本的に治療が終わるまで外すことはありません。
したがって、矯正装置の周りには、食べかすや歯石がたまりやすいです。
その食べかすや歯石は、歯科矯正する前と同じような歯のケアでは取れません。
虫歯や歯槽膿漏(しそうのうろう)は、口内環境の悪化によって引き起こされます。
せっかく、歯科矯正を始めたのに虫歯や歯槽膿漏になったら嫌ですよね。
虫歯や歯槽膿漏にならないためには、前よりも十分なケアが必要なのです。
ご自宅でのセルフケアを徹底することはもちろん、セルフケアでは落としきれない歯石は歯医者さんでクリーニングしてもらう必要があります。

 

□歯科矯正治療中に歯のクリーニングをするメリット

歯科矯正治療中に歯のクリーニングをする最大のメリットは、やはり虫歯や歯槽膿漏を防ぐことにあります。
他のメリットとしては、色素沈着を防げることでしょう。
歯科矯正治療中は、ほとんどの場合ホワイトニングはできません。
しかし、歯医者さんでクリーニングをすることで食べかすによる着色を防げます。
歯科矯正治療が終わった後に、黄ばんでしまうことがないように、歯医者さんでクリーニングすることをおすすめします。

また、歯の質が強くなることもメリットでしょう。
歯医者さんでのクリーニングでは、仕上げにフッ素塗布をしてくれることがほとんどです。
フッ素塗布をすることで、食事によって歯の表面のエナメル質が溶けてしまうことを防げるのです。
歯医者さんでクリーニングをすることで、口の中の異変に気づけるというメリットもあるでしょう。
歯科矯正治療の検診の際にも、口の中を見てもらう機会はあります。
しかし、クリーニングでは歯の隅々までしっかりと見るので、より口の中の異常に気づけます。

 

□まとめ

歯科矯正治療中の歯医者さんでのクリーニングは、とても大切です。
歯科矯正治療が終わった後の歯を、より美しくするためにも、歯医者さんでクリーニングをしましょう。
当院では、患者様との対話を大切に、治療を行なっております。
神戸で、歯科医院をお探しの方はぜひ当院へお越しくださいませ。