オフィシャルブログ

歯科矯正のインビザラインを付けたまま食事はできる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

皆さんは間食を頻繁にしますか?
歯科矯正を検討していて、間食を頻繁に食べる方や食べることが好きな方は食事制限の有無が特に気になるでしょう。
今回は、インビザラインを付けたままで食事は可能なのかを解説します。

□インビザラインを付けたままで食事はできる?

結論から言いますと、食事はできません。
理由はアライナーを自体が割れたり、熱いものを食べると変形したりする可能性があるからです。
また、食べ物の色が着色したり、食べかすが付着しますので、せっかく透明で気づかれないインビザライン治療のメリットが薄くなります。
それに加えて、虫歯の原因にもなるでしょう。

矯正を始めてすぐだと、「これくらいならいいかな」とアライナーをつけたまま食事をしてしまう方もいらっしゃいます。
その時は意外と食べられると思っても、後でアライナーを外した際に食べかすが挟まっていることが多いです。
衛生的にもよくないので、食事をするときはアライナーを外しましょう。

また、装着しているときの飲み物は甘くない水だけです。
甘いものは歯の隙間に入って虫歯の原因になったり、コーヒーや紅茶などの無糖の物もアライナーに色が着色したりします。
後は熱いものを飲むと、アライナーが変形する可能性があるので控えましょう。

最後にアライナーを外して、食事や水以外の飲み物を飲んだ時は歯磨きをしてから装着します。
矯正中は歯の間に隙間ができて、そこに食べかすが詰まることが多いです。
そのまま装着すると、虫歯の原因になるのでしっかり歯を磨きましょう。
歯間ブラシで掃除すると、歯ブラシが届かない場所も掃除できるのでおすすめです。

□アライナーを外した際の、食事制限はあるの?

付けている状態では食事できませんが、外した状態だと食事に制限はありません。
ワイヤー矯正では、キャラメルなどの歯に粘着するものは推奨されませんが、それらもアライナーを外せば食べられます。

このように、食べ物自体の制限はありません。
しかし、旅行中などに食べ歩きでいちいち付け外しするのが面倒になってしまうことはあるでしょう。
それによって、多少行動が制限されることもあるかもしれませんね。

□まとめ

今回は、インビザラインに食事制限はあるのか、飲み物はどのようなものを選べば良いのかを紹介しました。
アライナーを取り外すのは多少面倒ですが、外せば制限が無いのは嬉しいですよね。
インビザラインについてご不明点がある方は、お気軽に当院までご相談ください。