オフィシャルブログ

歯科矯正のインビザラインの効果は?メリットと注意点を解説します

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

歯科矯正を検討していると、矯正方法別の効果が気になりますよね。
例えばワイヤー矯正か、マウスピース矯正か。
また、マウスピース矯正の中でもインビザライン矯正にするか、違うものにするかの違いがあります。
そんな皆さんの判断材料になることを願って、インビザラインのメリットと注意点を解説します。

□インビザライン矯正のメリットとは?

まずはインビザライン矯正のメリットを6つ解説します。

1つ目は目立たないことです。
これは、マウスピース矯正を選ぶ最大のメリットでしょう。
周囲に気づかれることを不安に思って、歯科矯正に踏み出せない方にはおすすめできます。

2つ目は痛みや違和感が比較的に少ないことです。
インビザラインはアライナーと呼ばれるマウスピースを一週間から10日ごとに交換するので、1回の交換で歯を動かす距離が短いです。
そのため、ワイヤー矯正と比べた場合の痛みが少ないです。

3つ目は取り外しできることです。
食事や歯磨きの際は取り外せるので、きちんと歯磨きをした場合は清潔を保てます。

4つ目は治療できる可能性が高いことです。
インビザラインはコンピューターの3D分析で信頼性が高い治療ができます。
一般的なマウスピースでは対応できない症例にも対応できる可能性が高くなります。

5つ目はホワイトニングも可能なことです。
インビザラインで使用しているアライナーでホームホワイトニングが可能です。
並行してホワイトニングできるのは、嬉しいですよね。

□インビザライン矯正の注意点とは?

では、反対に注意点は何でしょうか。

1つ目は規定された時間だけ装着する必要があることです。
インビザラインは簡単に着脱できますが、簡単であるがゆえに装着時間を守れないケースがあります。
基準は1日で20時間は装着する必要があるので、自己管理をうまくすることがポイントでしょう。

2つ目は治療できない場合もあることです。
幅広い症例に対応可能ですが、中には不可能な場合もあります。
しかし、不可能かどうかは相談しないと分からないので、矯正歯科に相談すると良いでしょう。

このように、マウスピース矯正だからこそ発生する注意点もあります。

□まとめ

今回は歯科矯正のインビザラインのメリットと注意点を紹介しました。
インビザラインは3Dシュミレーションによる信頼性が高いことが特徴です。
当院は神戸市の元町駅から徒歩3分の利便性が高い場所にあります。
会社や学校帰りでも簡単に通院できるので、ぜひご検討ください。