オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2019年4月

歯並びで第一印象が変わる? 初対面の人に好印象を与えられるようにするための方法とは!!

皆さんはご自身の歯並びに対して、どれほどの関心を抱かれていますか?
以前まで歯並びは、芸能人やスポーツ選手が意識するべきものという風潮がありました。
しかし、最近では、一般の方でも意識される方が増えてきています。
皆さんの周りにも、そのような方がいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな歯並びですが、実は第一印象に影響を与えるのです。
人に好印象を抱いてもらいたい方は、これを機に歯並びと向き合ってみませんか。

 

□歯並びと第一印象の関係性

 

初めての人と会う時、第一印象が非常に重要になることはご存知ですよね。
その人の第一印象を決める要因としては様々なものが挙げられますが、その中には歯並びも含まれているのです。
皆さんも歯並びが整っている方に対して、清潔感があるように思えたり、健康的に見えたりした経験があるのではないでしょうか。
そのような印象を抱く理由としては、歯並びが健康に良い影響を与えることが挙げられます。
歯並びが悪いと虫歯の原因になってしまったり、かみ合わせの不調によって顔や体のバランス、肩こりや頭痛の原因になってしまうのです。
歯並びに対してコンプレックスを抱かれている方であれば、歯を見せないようにするために、ぎこちない表情になってしまうこともあるかもしれませんね。
このような、目ではわかりづらい健康状態の悪化、またはコンプレックスによる表情の不自然さがあると、好印象を抱いてもらうのは難しい場合があります。
では、歯並びが悪い人はどのようにすれば改善できるのでしょうか。
それはマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)です。

 

□歯並びを改善する方法

 

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は、その名の通り、矯正器具を用いた矯正方法です。
従来の矯正装置とは異なり、ワイヤーではなくマウスピースを使用します。
そうすることで、食事の際は取り外したり、清潔な状態を保ったまま矯正治療を行えるのです。
痛みや見た目を気にせずに行えるのは嬉しいですよね。
歯並びに対してお悩みの方は、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)を現状改善するための選択肢として考えてみませんか。

 

□まとめ

 

今回は、歯並びが第一印象に与える影響と歯並びを改善する方法をご紹介しました。
もし、歯並びが気になったり、歯の健康状態に不安を覚えていたりしたら、お近くの歯科医に相談してみてください。
歯並びを整えて、より多くの人に好印象を抱いてもらえるようにしませんか。
※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

歯の矯正で目立たない方法ってあるの? そのお悩みにお答えします!

皆さんの中には歯の矯正を検討されている方もいらっしゃいますよね。
「でも、治療しているのが目立つのは嫌だな…」
このようなお悩みを抱えている方は少なくないですよね。
安心してください。
治療装置を目立たずに矯正を行える方法は存在しています。
それはマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)です。
今回は皆さんの希望を叶えられる矯正装置をご紹介します。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)について

 

この装置の名前を耳にしたことがある人はあまり多くないと思います。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)とは、その名の通り、マウスピースを使用して歯の矯正を行う装置のことです。
透明なマウスピースを使用することで、装着している状態で人と話していても目立たず、食事や歯磨きの前には取り外すことができます。
そうすることで、歯の状態を清潔に保ったまま治療を行えるのです。
なにより、治療中に発生するストレスを抑えられます。
矯正を検討中の方はこの装置を使った矯正を視野に入れてみませんか。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を使った矯正の流れ

 

続いて、この装置を使った矯正の流れをお伝えします。
まずは、この装置を扱っている歯医者に相談をしに行きましょう。
理想の治療装置のようにも思えますが、どなたでも使用できるわけではありません。
口腔内の状態や治療の要望、ライフスタイルなどを考慮して、一人ひとりに最適な治療法をご提案します。
続いて、マウスピースを作成するための精密検査です。
レントゲンや口腔内の写真を撮影し、正確な歯型を採取し、それを元にマウスピースが作成されます。
マウスピースが完成したら、治療開始です。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)では、矯正の進行具合に合わせてマウスピーツを付け替えます。
計画通りに歯が矯正されているかを確認するために、数週間ごとに通院する場合もあります。
主治医の話をよく聞いて矯正を行いましょう。
歯並びが整ったら、保定装置を一定期間着用します。
その装置によって、元の歯並びに戻らないようにするのです。
以上のような流れで、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を使った矯正は行われていきます。

 

□まとめ

 

今回はマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)についてご説明しました。
矯正に対して不安なことがあれば、気軽にご相談ください。
不安なことがある状態では、ストレスが溜まっていってしまいます。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を使用して、ストレスの少ない矯正をしてみませんか。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

矯正したいけれど金具をつけたくない! その要望を叶える矯正装置をご紹介します!

皆さんは矯正に対してどのようなイメージを持たれていますか?
「金具が目立つ」
「痛そう」
あまり良いイメージではないかもしれませんね。
しかし、それは昔の話です。
最近では、そのようなイメージを払拭する矯正の方法が登場してきています。
今回はその中からマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)についてご紹介します。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)とは

 

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)とは、名前にあるようにマウスピースを使用する矯正の方法です。
「金具で矯正していたものをマウスピースで代替できるの?」
このように思われる方もいらっしゃるでしょう。
その心配はありません。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)では、矯正の進行具合に合わせてマウスピースを付け替えていきます。
そのため、金具のような強力な装置を使わなくても、小さな力を持つ装置を付け替えていくことで、期待通りの歯並びにすることができるのです。
金具を使わない矯正法と言うだけでも興味を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
自分の矯正に対する知識を更新するためにも、矯正の方法を一度調べてみませんか。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)の良さ

 

この矯正方法では金具を使用していた矯正における問題を解決しています。
それは口腔環境です。
金具を使用していた矯正では、装置によっては食べ残しや磨き残しが残ってしまうことがありました。
それが原因となり、矯正期間中でも虫歯になってしまう人もいたのです。
場合によっては、矯正を一時中断することもあります。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)では、そのような問題は起きません。
食事、ブラッシングの際にマウスピースを取り外せば、口腔は清潔な状態で矯正を行えます。
目立たず、清潔を行える矯正に興味を抱かれた方もいらっしゃいますよね。
矯正を検討する際には、この方法も視野に入れてみませんか。

 

□まとめ

 

今回は従来のイメージを払拭する矯正の方法としてマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)をご説明しました。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は万能の矯正方法ではありません。
一人一人の口腔環境、ライフスタイルによって、最適な矯正方法は異なります。
まずは近くの歯科医に相談しに行き、どの矯正方法から選べるのかを確認してください。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。