オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2019年5月

矯正と整形の違いとは?神戸在住の方におすすめの出っ歯対策

「前歯が出ていることにコンプレックスがある・・・」
「かみ合わせに違和感がある・・・」
このようなことで不安を感じてはいませんか?
しかし、いざ出っ歯を改善するとなると、矯正がいいのか、それとも美容整形がいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。
そこで今回は、整形と矯正の違いを解説したうえで、神戸在住の方におすすめの出っ歯の解決策を紹介します。

 

□整形と矯正の違いとは

 

整形と矯正には、それぞれ目的が異なります。
整形をする一番の目的は、見た目を改善することです。
メリットとしては歯科矯正に比べて、短期間で改善することができます。
一方、矯正の目的は、かみ合わせをよくすることです。
矯正では自分の歯を使って、かみ合わせを良くしていきます。
骨格ごと変えていくため、整形と違い、根本的な改善をすることになります。
そこで、出っ歯の根本的な解決をお望みなら「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」を使用することがおすすめです。

□「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」とは

 

「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」は3次元画像技術を用いた最新の歯科矯正方法です。
矯正と聞くと、「他の人に矯正装置を見られるのが恥ずかしいからつけたくない・・」と思う方も多いでしょう。
しかし、「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」は、透明に近い矯正装置を用いているため、目立ちにくい仕様となっています。
また、いつでも取り外しが可能であるため、仕事やプライベートといった大事な場面で、矯正した歯を見せる心配もありません。

 

□「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」を使うメリット

 

*痛みがほとんどない

 

「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」は痛みがほとんどないことも1つの特徴です。
もちろん矯正を始めたばかりの頃は、締め付けられるような感覚はありますが、つけている感覚は次第になくなります。

 

*装置が透明で、目立ちにくい

 

先ほども少し述べたように、「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」は透明に近いため、目立つこともありません。
また、ワイヤーもついてないので、ほとんどわからないでしょう。

 

□まとめ

 

出っ歯の改善法として、整形と矯正があり、それぞれメリット、デメリットは異なります。
もし根本的に解決したいのであれば、矯正を検討してみてはいかがでしょうか。
治療費の相談などは無料メールで受け付けているので、ぜひお気軽に連絡ください。

神戸在住の受け口に悩む方へ|受け口を手術なしで解決する方法を紹介

「普通にしてるだけでも不機嫌そうにみられる」
「前歯がかみ合わない」
このようなことで不安を感じてはいませんか。
受け口だと見た目だけでなく、かみ合わせなどでもストレスを感じてしまうこともしばしばありますよね。
でもいざ受け口を治そうと思っても、手術はしたくないという方も多いはずです。
そこで今回は、神戸在住の受け口に悩んでいる方に向けて、手術せずに受け口を解決する方法を紹介します。

 

□受け口の原因と問題

 

受け口とは、上あごより下あごの方が突出していることを指します。
受け口の原因としては
・生まれながらの先天的・遺伝的要因
・成長する過程で引き起こった後天的・環境的要因
があります。
また受け口には、いくつかの問題があります。

 

*咀嚼機能の低下

 

受け口だと、かみ合わせが悪くなってしまうので、咀嚼するときに必要以上に力がかかってしまいます。
そのためあごに負担がかかってしまい、咀嚼機能が低下します。

 

*発音が難しい

また、受け口だと発音しにくい言葉があることも1つの特徴です。
特にサ行やタ行は、舌足らずで、発音するのが難しくなってしまいます。

 

*外見に影響を与える

 

受け口である自分の見た目に対してコンプレックスを持っている方も多いです。
そのため、必要以上に自分に自信をなくしてしまい、積極的になれないこともありますよね。

そこで、そんな受け口の悩み・問題を手術なしで解決する方法が「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」です。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)とは

 

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)とは一言でいうと、3次元画像化技術といった最先端技術を使用した歯の矯正方法です。
「歯の矯正器具を付けるのはちょっと・・・」
このように歯の矯正に対して抵抗感を持ってしまう方も多いでしょう。
しかし、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は目立つことなく、いつでも取り外しが可能な矯正装置なのです。
そのため、他の人の目を気にすることなく、使用することができます。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)のメリット

 

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は透明な矯正装置のため、使用していることがほとんどわかりません。
ワイヤーもついていないので、使用していることをばれたくない方におすすめです。
また取り外しが可能なので、プレゼンテーションといった重要な場面で矯正している姿を見られたくない社会人の方でも気軽に使っていただけます。

 

□まとめ

 

受け口に悩んでいるけど、手術は怖いからできるだけ避けたいという方におすすめするのが、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)です。
受け口を解決し、これまでとは違う自分に自信を持ってみませんか。
治療費の相談などは無料メールで受け付けているので、ぜひお気軽に連絡ください。

口元の印象で第一印象が変わる?神戸在住の方に向けた歯並び対策

「口元に自信がない・・・」
「今の歯並びが気になる・・・」

このようなお悩みを持った方は多いのではないでしょうか。

人の第一印象は6秒で決まると言われており、口元は目と同様に、自分に対する印象を左右します。

また、口元の中でも特に、歯並びのきれいさは、第一印象に関して大きな影響を与えると言われています。

しかし歯並びを矯正するにしても、人前で矯正した歯を見せるのは恥ずかしいなんてこともありますよね。

そこで今回は、「口元に自信がない神戸在住のあなた」に向けて、使用していることがほとんどわからない矯正方法をご紹介します。

 

□好感を持てる口元を決めるのは「歯」

 

2018年に行われたゼネラルリサ―チの調査によると、第一印象で好感を持てるのは「清潔感」がある人で、その中でも特に、清潔感に影響を与えるのは「口元」という結果が出ています。

さらに「好感が持てる口はどのようなものですか?」という問いには「きれいな歯並び」が40%以上、「白い歯」が20%以上と、歯に関するものが60%以上を占めていました。

そのため、不健康な歯のままでいると、相手に好感を持ってもらうことは難しくなるのです。

 

□歯並びで悩んでいるならマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)がおすすめ

歯並びに悩んでいる方におすすめなのが「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」です。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は、「目立たず、透明で、取り外し可能」な矯正装置となっているので、矯正している姿を見られたくない方でも安心して使っていただけます。

 

*透明で目立たない

 

矯正といえば、銀色の器具を思い浮かべる方も多いかと思いますが、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は透明なので、目立つことがありません。
またワイヤーも使用していないため、矯正に抵抗を感じる方にとてもおすすめです。

 

*いつでも取り外し可能

 

1日最低20時間以上つけていただければ、取り外し可能となっております。

そのため「就活の面談」や「プレゼンテーション」といった重要な場面で、矯正した姿を見られる心配もありません。

 

□まとめ

 

人の第一印象に大きな影響を与える口元ですが、その中でも「歯」は、清潔感を与えるうえで重要な役割を果たします。

歯並びをきれいにすることによって、人からの第一印象を良くしてみませんか。

無料メール相談も受け付けておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

歯並びを整えると美人になる?オススメの矯正方法とは!

皆さんの中には周囲の人と比較して歯並びにコンプレックスを抱かれている人がいるのではないでしょうか。
評判が良い方の歯並びは皆さん整っていますよね。
何故、歯並びが良い人は評判が良いのでしょうか。
まずはその理由から見ていきましょう。

 

□歯並びが人の印象に与える影響

 

まず、歯並びが悪いと、あまり良い印象を抱いてもらえません。
歯並びが悪いと、磨き残しや食べ残しが残ってしまうことがあります。
それを知っている人からすれば、どれだけ歯のケアを丁寧に行っていても、歯並びが悪ければ、それを評価してもらえないのです。
また、歯並びが悪いと不自然な笑顔になってしまうことがあります。
歯並びをコンプレックスとして抱かれている方はそれを隠そうと、口を開けない笑顔を作ってしまうことがあるのです。
笑顔に関するマイナスイメージは、その人の印象に大きな影響を及ぼしますよね。
自分がどのような笑顔をしているか、鏡の前で見直してみませんか。
それに加えて、人によっては歯並びが悪いことを「だらしがない」と捉える人もいます。
実際にアメリカでは、歯並びを育ちの良さや教養を表す指標として見られることがあるのです。
そのため、アメリカの家庭では生活費を削ってでも、子どもの矯正費用を算出することもあります。
歯並びが悪いとされただけで、悪い印象を抱かれてしまいます。
そのような印象を抱かれる筋合いはありませんが、そう思う人がいることは覚えておいてください。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)について

 

以上のように、歯並びが悪いと人に与える印象も悪くなってしまいます。
それを改善するための矯正ですが、金具が目立ったり、痛そうだったりするイメージから避けたい方もいらっしゃることでしょう。
そこでオススメしたいのが、このマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)です。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)では、マウスピースを使用することで、目立たず、痛みもなく矯正を行うことができます。
取り外しができるため、食事やブラッシングに限らず、大切な場面では外していただいても構いません。
このような方法があることを視野に入れて、矯正を検討してみませんか。

 

□まとめ

今回は歯並びがその人の印象に与える影響とマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)についてご紹介しました。
矯正に対して思うところは人それぞれあるでしょう。
しかし、矯正をすることでこの先つきまとうコンプレックスから解消されるのです。
自分も歯並びが良い人達と同じような印象を抱いてもらうためにも、矯正で歯並びを整えてみませんか。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

歯並びの受け口矯正! 新生活が始まる前に整えませんか?

皆さんの中には「受け口」と呼ばれる症状でお悩みの方もいらっしゃいますよね。
口腔に対する不安、コンプレックスは人と会うのを不安にさせてしまいます。
これから先、いつまでもそのような悩みに付きまとわれたくはないですよね。
これを機に、皆さんのコンプレックスを解消しませんか。

 

□受け口とは

 

まずは、「受け口」と呼ばれる症状が、どのような状態を指しているのかを確認しましょう。
「受け口」は下顎前突(かがくぜんとつ)と呼ばれ、下顎が上顎より前に出た状態のことを指します。
この状態では、かみ合わせが悪く、咀嚼機能が低下したり、顎に負担がかかったりします。
その他にも発音がしにくくなります。
サ行の発音をする際に悪影響が発生し、舌足らずな喋り方になってしまうのです。
お子様に受け口の症状が見られる場合は、できる限り早い矯正をオススメします。
下顎は思春期の訪れと共に、体の成長に合わせて大きくなる特徴を持っているのです。
本格的に成長する前に受け口を矯正できないと、外科的な矯正を行う可能性が高くなります。
お子様に限らず、かみ合わせの不調などは今後の人生や健康状態に影響を与えます。
早急に矯正を検討してください。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を使った矯正

 

そのような「受け口」を矯正する方法としてマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)があります。
この方法は名前の通り、マウスピースを使用した治療法です。
金具のワイヤーを使用した矯正では、人と話す際に目立ってしまう特徴がありましたが、この装置では透明なマウスピースを使用するため、そのような心配は必要ありません。
また、矯正をしていることを隠したい方にもこの装置はオススメです。
透明なマウスピースを使用することもそうですが、口腔の矯正具合に合わせたマウスピースに付け替えていくため、他の人に気づかれることはまずありません。
女性の方は特に矯正に対する抵抗感を持たれているかもしれませんね。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を使用して、ストレスの少ない矯正をしませんか。

 

□まとめ

 

今回は受け口と呼ばれる症状の特徴とマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)での矯正についてご紹介しました。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)ですが、どなたでも使用できるわけではありません。
口腔内の状況やライフスタイルを考慮された矯正をしていくのが一番です。
近くの歯科医に相談しに行き、どのような矯正装置を使用できるのかを確かめてみませんか。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

歯並びがあなたの印象に違いをもたらす! より良い印象を持ってもらうための歯並びとは!

皆さんは歯並びが人の印象に影響を与えることをご存知ですか?
あまり意識したことがない方が多いですよね。
では、具体的にどのような違いがあるのかを一緒に確認していきましょう。

 

□良い歯並びが人に与える印象

 

良い歯並びだと次の印象を与えられます。

 

*清潔感がある

 

歯並びが良いと、清潔感がある印象を与えられます。
歯並びと清潔感は直接結びつかないようにも思えますよね。
しかし、歯並びが良いと、顎や顔の筋肉を正常に機能させることができます。
そのため、自然と引き締まった顔になっていたり、顔の形が左右対称になっていたりすることがあるのです。
人と接する仕事の場合、清潔感は重宝しますよね。
円滑に仕事を進めるためにも、歯並びに意識を向けてみませんか。

 

*育ちが良い

 

歯並びが良いと素敵な笑顔ができるようになります。
芸能人の方で笑顔が素敵な人を想像してみてください。
どなたも歯並びが整っていますよね。
また、欧米では歯並びはその人の育ちの良さを示す指標として見られることもあるそうです。
生活費を削ってでも矯正を行う家庭もあります。
まだ歯並びが完成していないお子様の方が、矯正がしやすいこともあるのです。
お子様に素敵な笑顔ができるようになってほしい方は、お子様への矯正を検討してみませんか。

 

□悪い歯並びが人に与える印象

 

*不健康そう

歯並びが悪いと、かみ合わせの不調によって、体に悪影響を与えてしまうことがあります。
顎の使用する筋肉が正常に機能せず、筋肉を弱らせてしまえば、顎関節症に繋がってしまうのです。
そうなれば肩こりや頭痛の原因にもなってしまいます。
肩や頭を気にしていたり、抑えていたりするのを日頃から見てると、健康状態が良くないと思われてしまうこともあるかもしれませんね。

 

*自信がなさそう

 

歯並びが悪いと、それを気にして笑顔が不自然になってしまったり、歯をすり合わせて音を出す発音が難しくなってしまいます。
自分の表情を気にしていたり、滑舌が悪かったりすると、緊張しているようにも思われてしまいます。
ずっと緊張されていてはお互いに疲れてしまいますよね。
歯並びを整えて安心して話せるようにしませんか。

 

□まとめ

 

今回は、良い歯並び、悪い歯並びが人の印象に違いをもたらすことをご説明しました。
最近は以前に比べて多くの矯正法があります。
皆さん一人一人に適した矯正法が見つかるはずです。
ご自身の歯並びに不安を抱えていらっしゃる方は、これを機にお近くの歯科医に相談してみませんか。

歯並びが気になる方必見!出っ歯を治すための方法を解説!

皆さんの中には「出っ歯」と呼ばれる症状でお悩みの方もいらっしゃいますよね。
人と会うたびにそれを気にして、ストレスの原因となっていることもあるでしょう。
そのような方は、まず治してしまうのが一番です。
矯正を行えば、これから会う人には一切を気にすること無く接することができるようになります。
これを機にあなたの抱えているコンプレックスを解消しませんか。

 

□出っ歯とは

 

まず、一般的に「出っ歯」と呼ばれる症状の特徴から見ていきましょう。
上の歯列が下の歯列よりも前に出ている状態のことを上顎前突(じょうがくぜんとつ)と言います。
その中に出っ歯も含まれているのです。
指をしゃぶったり、爪を咬んだりしていると、上下の顎の前後的な位置関係がずれます。
乳歯であればそのうち抜けるため大丈夫ですが、永久歯になっても、そのような癖が抜けない場合、出っ歯の原因となってしまいます。
また、舌で前歯を触ってしまうのも出っ歯の原因の1つです。
その時にかかる力は些細なものかも知れませんが、時間の経過と共に歯が動き、出っ歯となります。
出っ歯の状態だと、口が無意識に開いてしまうことで口腔内の環境を整える唾液の分泌が抑えられてしまったり、不慮の事故の際、前歯を追ってしまったりする危険が考えられます。
今一度、出っ歯の原因となる癖を見直しましょう。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を使用した矯正について

 

皆さんの中には歯の矯正をあまり知られたくないと思っている方もいらっしゃいますよね。
そのような方にオススメなのが、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)です。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)では、矯正の進行具合に合わせてマウスピースを付け替えます。
透明なマウスピースを使用するため、人と話す際に矯正器具を見られることはまずありません。
その上、食事の際、歯ブラシの際には取り外しができるため、口腔内を清潔に保てます。
矯正はしたいけれど不安なことがある方は、一人だけで悩まず、まずは専門家に相談してみませんか。
あなたの理想を叶えられる方法がきっと見つかります。

 

□まとめ

 

今回は「出っ歯」と呼ばれる症状の特徴とマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を使用した矯正についてご紹介しました。
矯正によるストレスは大きいかも知れません。
しかし、それも技術の進歩によって少なくなってきています。
一生つきまとうストレスから開放されるためにも、今ここで少しの我慢をしてみませんか。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

歯並びがガタガタしているのを治したい! 当院がそのお悩みを解決します!

皆さんの中には歯並びに対してお悩みを抱えていらっしゃる方もいるでしょう。
人と話す時に歯を見せないように注意したり、食事の際のかみ合わせなどが気になってしまったりしていませんか。
歯並びが悪いと、歯ブラシで歯の汚れを十分に落とせなかったり、肩こりや頭痛の原因になったりしていまいます。
そのような状態から抜け出すためにも、これを機に歯並びを治してみませんか。

 

□歯並びが与える影響

冒頭でもお伝えしましたが、歯並びの状態が悪いと体に不調を及ぼす原因となるのです。
どのような悪影響があるのか、より詳しく説明していきます。

 

*虫歯になりやすい

 

歯並びが悪いと、凸凹のある部分の歯磨きが難しいです。
しっかりと磨いているつもりでも磨ききれていないことがあります。
それらが虫歯や歯周病の原因となってしまい、歯の健康状態を損なってしまうことがあるのです。
また、かみ合わせが悪いことで口が開きっぱなしになってしまっている方もいらっしゃるでしょう。
その場合、口の中が乾燥しやすく口腔内の環境を良くしてくれる唾液が行き渡りません。
それらによって、虫歯、歯周病を促進させてしまうのです。
口は意識して閉じるように心がけてください。

 

*顎の関節を悪くする

 

冒頭でお伝えした肩こりは、これが原因です。
かみ合わせが悪いと顎の関節が悪くなり、口が開けにくくなってしまうことがあります。
それと歯ぎしりと言った生活習慣の癖、精神的なストレスなどが組み合わされば、顎関節症につながってしまうのです。
歯並びを改善することだけが顎関節症を直す方法ではありませんが、顎の機能が正常に働くようになることで、結果として顎関節症の治療にもつながります。
直接的な方法だけでなく、このような間接的な方法にも目を向けてみてください。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)

 

歯並びを直す方法として、この方法をオススメします。
マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は名前にあるように、マウスピースを使用した矯正方法です。
透明なマウスピースを使用することで、一見しただけでは治療していることがわかりづらく、食事の際には取り外すことができます。
治療中のストレスを軽減できるのは、治療後の健康状態にも影響を与えます。
矯正治療を検討中の方は、この方法を選択肢に加えてみませんか。

 

□まとめ

 

今回は歯並びが健康に与える影響とその改善方法としてマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)をご紹介しました。
歯並び、歯の状態によって、矯正の方法は変わります。
歯並びを改善したい方は、まず、お近くの歯科医で検診をしてもらい、ご自身にあった方法を確認しましょう。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。