オフィシャルブログ

日別アーカイブ: 2019年8月20日

歯茎へのリスクってどれくらい?神戸で歯科矯正を考えている人へ!

 

歯科矯正するのはいいけど、リスクってどれくらいあるのだろう?
皆さんは一度はこのように考えたことはありませんか?
矯正とは、ずれてしまった歯を動かして正しい位置に戻す治療です。
しかしそれは同時に歯茎へ大きな影響を与える可能性があります。
今回は矯正が与える歯茎へのリスクを詳しくお伝えします。

 

 

□起こりうる2つの症状

 

*歯肉退縮

矯正を終えた時に、歯並びは綺麗になっていても歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が前より目立ったりしているときがあります。
これは、矯正による影響で起こる歯肉退縮という症状です。
この状態になってしまうと、せっかく治しても見た目が悪くなってしまいます。
しかし見た目だけでなく、歯茎が下がってしまうことにより歯周病や虫歯になりやすくなります。
また、歳をとっていくと自然と歯茎は下がってくるので、矯正の影響で下がったら将来的に歯を残すのが難しくなります。

 

*歯根(しこん)吸収

歯根吸収とは、歯根がもともとの長さから矯正を終えた後、短くなってしまう症状です。
矯正期間中は歯が動くことが多くあり、歯対移動と傾斜移動というメカニズムがあります。
このメカニズムの中で、ジグリングという細かな歯の動きが起こっており、それが原因で徐々に歯根が短くなってしまいます。
また、矯正とは装置から持続的な力を歯に伝えて、起こった新陳代謝を利用して歯を移動させる仕組みです。
その力が強すぎると、許容範囲を超えて歯根吸収の原因になってしまいます。

 

 

□回復方法

 

歯と歯茎のラインが下がってしまった場合は、歯茎の再生療法を行うことで回復します。
また、歯と歯の隙間の歯茎が下がってしまった場合に対して、再生療法ではなく詰め物で修復していく手段も存在します。
しかし、すでに歯茎の退縮が顕著であったり、下がった影響で歯周病が発症してしまったりしている場合は再生療法が困難です。
また、矯正を始める前からもともと歯茎が薄い人もいます。
その人たちは矯正を始める前に、あらかじめ歯茎や骨の再生療法を受けてから始めるのが良いでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は歯科矯正を行うに当たって、歯茎へ与えるリスクと主な回復方法についてご紹介しました。
矯正というのは歯に負荷を与えて動かすことなので、歯肉退縮や歯根吸収が起こりやすいです。
なので、予防より起こってしまった後にどのように回復していくかの方が重要です。
できるだけリスク少なく矯正していきましょう。
もし記事を読んで興味を持っていただいた場合はお気軽にご連絡ください!