オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2019年10月

神戸で歯科矯正をする方へ!マウスピースで治療するときのポイント

「やっと社会人になれたし、自分磨きに投資したい!」
「マウスピースを使った歯科矯正から始めてみようかな。」
「この前合コンに行ったけど、歯並びのことについて言われてホントにショックだった…」
「キレイな歯並びに矯正して見返したい。」
最近こういった状況に遭遇した方はいらっしゃいませんか?
歯が白いだけでなく、歯並びがキレイな歯に憧れる方は多いです。
ホワイト二ングのニーズは最近かなり高まりつつありますが、歯科矯正のニーズは昔からとても高いです。
歯並びはお手入れなどの努力で改善するのが難しい分野なので、多くの方が歯科医院に通って治療していらっしゃいます。
それに伴って、最近話題になっているマウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)を使う歯科治療について知りたい方が増えてきました。
そこで今回は、神戸で歯科矯正をする方へ、マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)を使う歯科治療のメリットとデメリットをご紹介します。

 

□マウスピースを使った歯科矯正の治療のポイント

 

マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)を使う場合のメリットとデメリットを以下にまとめました。

*メリット

マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)を使った歯科矯正の主なメリットは以下の3点です。

・矯正していても人に気づかれにくい

最も大きなメリットとも言えるほど、重視される方は多いです。
歯科矯正してみるととても実感しますが、金属部分が見えると矯正器具は目立ちます。
マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)はプラスチックでできており、金属アレルギーの心配も、器具が目立つ心配もありません。

・装置の着脱が容易

ワイヤーなどを使っていないため、手を使って簡単に取り外せる設計になっています。
ご飯も美味しく食べられ、歯磨きは快適にできます。
また、マウスピースは歯ブラシを使ってキレイに掃除できるので、清潔感を保てるでしょう。

・痛みが少ない

マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)は歯に直接力を加えて動かす方法ではなく、マウスピースをこまめに変えて徐々に動かす方法です。
歯にかかる負荷が小さいため、痛みも少なくなります。

*デメリット

マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)を使った歯科矯正の主なデメリットは以下の2点です。

・マウスピースをなくす可能性がある

着脱が簡単なため、きちんと管理しておかないとなくす可能性があります。
いつも置く場所を決めたり、すぐ目につくところに置いたりしましょう。

・1日20時間以上装着し、2週間ごとに通院しなければいけない

歯にかかる負荷が小さい代わりに、マウスピースの形をこまめに変える必要があるため、歯科医院に頻繁に通院しなければいけません。
また、1日20時間以上装着しないと効果が出にくくなるので、モチベーションの維持を工夫する必要があります。

 

□まとめ

 

今回は神戸で歯科矯正をする方へ、マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)を使う治療のメリットとデメリットをご紹介しました。
この装置は、近年人気が上昇しつつありますが、メリットもあればデメリットもあります。
ぜひ当記事を参考に、マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)を用いた歯科治療をご検討ください。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

神戸で歯科矯正をしたい方へ!マウスピースを使う歯科矯正にはどんな種類があるの?

「昔から歯並びがとても気になっていたけど、お金がなかったから目をつぶってきた。」
「とはいえ、そろそろ結婚したいので容姿にお金をかけようと思うけど、マウスピースを使った歯科矯正ってどんな感じなの?」
「対面接客業を仕事にしているので、笑顔を作っても歯が見えてしまうと歯並びが気になってしまう自分が嫌。」
「このコンプレックスをなくしたいけど、歯科矯正にはどんな種類があるの?」
こういったお悩みを抱いていらっしゃいませんか?
容姿は誰もがよくしたいと思う、とても重要な部分です。
その中でも歯は、第一印象大きく左右する要素の1つです。
しかし、幼い頃から歯並びが良くない方もいらっしゃることでしょう。
歯科矯正は高額なイメージが一般的にあり、なかなか手が出せなかったという方も多いと思います。
歯科矯正が行えるようになったら、最も自分にあった矯正方法で、効果的に治療していきたいとお考えになるのは当然のことと言えるでしょう。
そこで今回は、神戸で歯科矯正をしたい方へ、マウスピースを使った歯科矯正の種類をご紹介します。

 

□マウスピースを使う歯科矯正の種類

 

歯科矯正で使われるマウスピースは、主に以下の8種類が挙げられます。

*マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)

マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)は簡単に着脱できる、目立たない透明色のプラスチック製のマウスピースです。
また、これは以下で説明するアソアライナーに比べてより適応範囲の広い製品で、近年需要が高まりつつあることから注目度の高いマウスピースです。

*アソアライナー

アソアライナーはマウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)と同じく透明色で、人が近づいても気づかれにくいことから人気のマウスピースです。
しかし、マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)よりも必要な来院回数は多くなり、適応できるかどうかの条件も厳しくなります。
マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)よりも費用を抑えられる傾向にあるため、安さにこだわるのであればアソアライナーはおすすめです。

*クリアコレクト

クリアコレクトは、マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)よりもやや大きめに設計されており、歯につけるアタッチメントの量を減らせます。
奥歯を動かさないような部分矯正治療に向いているマウスピースです。
また、マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)よりもクリアコレクトの方がやや安い傾向にあります。

 

□まとめ

 

今回は、神戸で歯科矯正をしたい方へ、マウスピースを使った歯科矯正の種類をご紹介しました。
上記でご紹介したマウスピースの他にも、様々な種類のものがあります。
今現在の日本では、マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)とアソアライナーが主流のマウスピースです。
気になるマウスピースがあれば、迷わず一度歯科医師に相談してみましょう。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピースをつけると滑舌は悪くなる?神戸で歯科矯正を受ける方へ

「マウスピースをつけている人ってどうも話しづらそうなイメージがあるけど、それって本当?」
「マウスピースをつけているときはずっと滑舌が悪くなるのか知りたい。」
こういった疑問をお持ちではありませんか?
みなさんも一度は歯が抜けたことがあると思いますが、複数の歯が抜けたときにかなりの違和感を覚えるとともに、滑舌も悪くなった経験がありませんでしたか?
歯はそれだけ「滑舌」に大きな影響を及ぼすほど、重要な役割を担っています。
もしもマウスピースで滑舌が悪くなったら、日常生活で影響が出ることもあるかもしれません。

よって、滑舌についての心配をしている方も多くいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、神戸で歯科矯正を受ける方へ、マウスピースをつけると滑舌は悪くなるのかについて解説していきます。
マウスピースの中で有名なマウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)をご検討されている方は、必読です!

 

□マウスピースを使った歯科矯正をする際、滑舌はどうなる?

 

まず上記の質問に対する答えですが、「滑舌はやや悪くなる」が結論です。
マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)は口の中に固定せず、取り外しが簡単に行える分、どうしても滑舌に影響を及ぼしてしまいます。
ただし、これを装着している状態に慣れてくると、徐々に気にならなくなってくるものです。
また、マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)は柔らかさを調整して作ります。
最初は比較的柔らかめに作られ、口の状態に合わせていきます。
その後、徐々に口の形を調整していくために硬くしていきますが、硬すぎて口の中を傷めないように配慮して作られます。
そのため、マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)は、早ければ1週間以内で慣れるケースが多いです。
慣れるまでは少し辛いかも知れませんが、少しの辛抱だと思って根気よく続けてみましょう。

 

□まとめ

 

今回は神戸で歯科矯正を受ける方へ、マウスピース型カスタムメイドマウス矯正歯科装置(インビザライン)をつけると滑舌は悪くなるのかについて解説しました。
これから歯並びを治したいと思い、歯科矯正を検討中の方は、ほんのしばらくの間ですが、滑舌をよくする練習期間と考えて挑戦してみてください。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

神戸で歯科矯正についてお悩みの方へ!矯正器具のケアについてご存知ですか?

「歯科矯正を始めたいけれど、器具の管理が大変そう。」
「歯科矯正を始めた場合、どういったケアを行えば良いのか教えて欲しい。」
このように矯正専用の器具をつけることで、衛生管理が大変になるのではないかと不安な方はいらっしゃいませんか。
今回は、矯正中のブラッシングについてや矯正器具の管理方法についてご説明します。

 

□ブラッシング

矯正器具を着けていると、歯ブラシが思うように動かせず、ブラッシングが大変に感じるかもしれません。
歯ブラシの選び方と指導の必要性をご紹介します。

 

*歯ブラシの選び方

矯正器具を着けると、ブラシの届きにくい箇所が多くなります。
細かな部分までブラッシングできるように、ヘッドが小さいブラシを使いましょう。
さらに、器具の隙間に残った汚れを取るために矯正専用のデンタルフロスやワンタフトブラシを使用してください。
矯正中は磨き残しが発生しやすく虫歯になる可能性も高いです。
衛生管理に注意してください。

 

*ブラッシングの指導を受ける

歯科矯正をしている間に正しいブラッシング方法で歯磨きをし、虫歯を防ぎましょう。
ブラシの当て方に注意してブラッシングを行う必要があります。
正面からブラシを当てるだけでなく、角度を変えたブラッシングを行うと良いです。
矯正器具を歯科でメンテナンスする際、ブラッシングの指導を受けましょう。
以前ブラッシング指導を受けていたとしても、時間が経過すると忘れてしまうことがあるため、気をつけてくださいね。

 

□歯科によるメンテナンス

 

*クリーニング

定期的なクリーニングは、歯周病や虫歯などのリスクを減らせます。
クリーニングはどの歯科医院でも受けられますが、矯正器具を取り外せないところもあります。
そのため、矯正歯科を選択することをおすすめします。
治療法は種類が多く価格も異なるため、予算と受けたいプランとのバランスを考えて選択しましょう。

 

*矯正器具の手入れ

マウスピースの手入れ法は歯科医院やマウスピースのメーカーによっても異なります。
歯ブラシを使用したやさしいブラッシングである程度の汚れを落とすことができます。
強い力を加えたブラッシングは、マウスピースの破損につながるため、注意しましょう。
マウスピースを洗浄液に入れて殺菌する場合もあり、雑菌の繁殖を抑えることが見込めます。

 

□まとめ

この記事では歯科矯正中のブラッシングに歯科医院の指導が必要であることや、矯正器具の管理方法についてお話しました。
歯科矯正中は、きちんとしたケアを行わないと効果が下がり、虫歯になる場合もあります。
歯科医院との相談や細やかなメンテナンスで理想の歯を目指しましょう。
当社では、インビザラインの治療を行っております。
インビザラインの治療法は器具の取り扱いが簡単です。
興味をお持ちのお客様はぜひご相談ください。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

神戸に在住のお客様へ|歯科矯正のストレスとは?とっておきの矯正法をご紹介!

「歯並びが悪いから歯科矯正をしたいけど、体への負担が心配だ。」
「歯科矯正を行っている間にストレスを感じることはないのだろうか。」
成人した後に歯科矯正をしたいとお考えのお客様が気にする観点です。
たしかに、社会人にもなると仕事で責任ある役割を担うことが増えます。
歯科矯正の不具合やストレスによって仕事に妨げが生じないか心配ですよね。
今回は歯科矯正をしている間、日常生活で感じやすいトラブルの例をお教えします。

 

□矯正している部分が痛む

矯正によって器具が歯茎等にあたることが、痛みを生む場合があります。
歯科矯正がはじめての方や、治療機関にワイヤーを調整し直した方は歯が動いたように感じると言います。
歯にワイヤーを取り付けるブラケット矯正よりマウスピースを用いた矯正の方が、痛みを感じにくいそうです。
ブラケット矯正では、他にもいくつか歯が痛むときがあります。
食事中、特に食べ物を咀嚼する際に痛みを生じます。
歯が動く痛みと比例して強く感じますが、次第に収まっていきます。
他にも装置のワイヤーが口に当たり、舌や頬に影響を及ぼすこともあります。
さらに、装置が当たる部分が口内炎になりやすいです。

 

□違和感を口内に受ける

食べものが矯正器具に詰まることが多いです。
ワイヤーを使ったブラケット矯正では仕方がないことでしょう。
特に表側矯正より裏側矯正の方が詰まりやすいため、注意してください。
しかし、矯正をした生活に慣れると食事中に気を使うことができ、ストレスが軽減されると言います。
また、ブラッシングが面倒くさいというストレスも大きいようです。
汚れの残った箇所を磨きにくいことが挙げられます。

 

□見た目が悪くなる

銀色のワイヤーが歯にぎっしりと絡みついていると、歯を出して笑った時に違和感があるでしょう。
近年は白いワイヤーや目立ちにくい装置が開発されていますが、装置を人に見られたくないと思うかもしれません。
口の形に違和感が出る場合もあります。
人によっては、口元が盛り上がり印象に悪影響を与える場合があるので要注意です。

 

□まとめ

今回は歯科矯正の治療を受けている間に感じやすいストレスをご紹介しました。
ここで、これらの解決策として、当社の用いるインビザラインという矯正をぜひおすすめしたいと思います。
このシステムは、目立たず透明に近い装置で、取り外しが可能です。
マウスピース治療によりワイヤーを使用しませんので、違和感なく食事や会話が楽しめるでしょう。
インビザラインに関して気になったお客様は、一度当社にご相談ください。
お待ちしております。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

神戸で歯科矯正を検討している方へ|大人から矯正をはじめるメリットについて

「成人してから歯科矯正を始めても効果が得られるのか心配だ。」
「成人後の歯科矯正にはどういったメリットがあるのか気になる。」
歯科矯正は幼いうちに済ませてしまうというお客様も多数いらっしゃいます。
しかし、成人してから歯科矯正を行うことが悪いわけではありません。
今回は、大人が歯科矯正をするメリットをご紹介します。

 

□長年のコンプレックスが解決する

歯並びが悪いことによって、自分の容姿に自信がない方もいらっしゃると思います。
容姿のコンプレックスはストレスにつながりやすいです。
大人とは言っても、人生はまだまだ長いと思います。
今後もコンプレックスを抱えて生活を送るのか、歯科矯正で美しい歯になることで楽しい生活を送るのかということです。

 

□噛み合わせが良くなる

歯並びを整えると、歯の位置が正確な場所に戻るとされています。
噛み合わせがきちんと行えるようになると、両方の歯で咀嚼できるようになります。
一箇所で噛みしめることがなくなるので歯ぎしりや歯への負担を軽減できるのです。
正しい咀嚼は、胃腸や消化器官を以前より健康な状態で維持するのです。

 

□虫歯・歯周病を防ぐ

歯並びが悪いとどうしても汚れが隙間に詰まりやすくなります。
虫歯や歯周病はブラッシングで予防する必要があり、歯科矯正で歯並びを改善すると歯磨きが楽になります。
歯全体にブラシが行き届くことで、虫歯や歯周病だけでなく口臭の対策にもなります。

 

□体調を整える

一見、歯と体調には関係性が無いように思われるかもしれません。
実は歯並びは体のバランスに影響を及ぼします。
歯並びが悪いことが原因で噛み合わせが悪くなります。
すると、頭蓋骨のバランスが崩れて体中に負担がかかります。
私たちが体のバランスをなんとか保とうと無意識にする行為が、頭痛や肩こりといった症状を生みます。
歯科矯正で歯並びを整えると、自然と体のバランスも良くなるのです。
年齢を重ねるごとに体のバランスは崩れ、負担をかけやすくなります。
歯並びを改善して体調を整えていきましょう。

 

□まとめ

今回は、大人になってから歯科矯正をするメリットについてご紹介しました。
基本的なことかもしれませんが、歯並びを改善することで日常生活がもっと過ごしやすくなります。
大人になると体が衰えていくからこそ、治せる部分から改善していきませんか。
当院では、日常生活で取り入れやすいインビザラインという治療法を取り入れています。
気になったお客様は、ぜひ一度ご相談ください。
※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

神戸にお住まいの方に知って欲しい!歯科矯正を受けている際におすすめの食事

「歯科矯正を始めたら食生活は変えなければいけないのだろうか。」
「歯科矯正の治療を受けている間、食生活において気をつけることを教えて欲しい。」
歯科矯正では器具を取り付けて治療をするため、食事に影響が出ないか心配ですよね。
今回は、矯正中の食事制限や矯正中におすすめの食べ物をご紹介します。
さらに食事中取り外せる便利な矯正器具についてもご説明します。

 

□歯科矯正の治療中に食べない方が良いもの

食べ物によっては矯正器具を壊す可能性があります。
キャラメルやお餅といった粘り気が強いものは装置にへばりついてしまいます。
同様にガムは細かく分解され、あらゆる部分にくっつきます。
煎餅のような堅い食べ物も装置を壊す可能性が高いため、避けた方が良いでしょう。
歯で噛みちぎる、丸かじりするといった歯に強い力がかかる食べ物にも要注意です。
食べ物を先に細かく切るなど、食べ方に気をつけましょう。
治療器具を着色しかねない食べ物には気をつける必要があります。
食事では、カレー、キムチなどが挙げられます。
飲み物では、紅茶、コーヒー、ワインなどです。
マウスピースは食事中に取り外せますが、うっかり忘れてしまうと色がついて取れなくなってしまいます。

 

□矯正中におすすめの食べ物

歯科矯正を始めたばかりの方は口内に痛みを感じることがあるかもしれません。
装置が定着していないことや、口内状況に慣れていないことが原因です。
そういった場合に食べやすいメニューをご紹介します。
お食事の際に役立ててください。
食事しやすいものとして、装置に挟まりにくく、やわらかい食べ物をおすすめします。
おかゆ、グラタン、うどんなどの太麺、卵料理といった口当たりがやわらかく食べやすいものをチョイスしましょう。
それでも歯が痛い、噛む作業が辛いといった方には、噛まずに食べられる食事が良いでしょう。
例えばスープなどの汁物、マッシュポテト、果物、ヨーグルトやゼリーといったデザートがあります。
歯科矯正の痛みにはピークがあり、途中で軽減されますので心配しなくても大丈夫です。

 

□まとめ

この記事では、歯科矯正の治療中におすすめの食事をご紹介しました。
当院が取り扱っているインビザラインは、食事中に器具を取り外すことが可能です。
器具の圧迫が無いため咀嚼の際、痛みを軽減できると思います。
食べ物が器具の隙間に挟まる恐れがないため、安心して食事を楽しみましょう。
インビザラインについて興味を持たれた方は、ぜひ当院にご相談ください。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

神戸で歯科矯正するお客様必見!治療前のカウンセリングは必要だと思いますか?

「歯科矯正をするのが初めてで少し心配だ。先に説明をしてほしい。」
「歯科矯正の治療内容やプランを前もって細かく教えて欲しい。」
このようにお考えのお客様は多いと思います。
実は、矯正治療を安心して受けられるように歯科医とカウンセリングができます。
今回は、カウンセリングの必要性とカウンセリングの内容についてご紹介します。

 

□どうしてカウンセリングが必要なのか

カウンセリングの目的は、お客様が治療前に歯科矯正の知識をもつことです。
歯科矯正の仕組みや目的、基本事項を丁寧に説明してもらえ、知識をもつことでお客様は歯科医と意識を同じにできます。
また、歯科矯正を行う目的は見た目の改善だけではありません。
治療後は発音が楽になったり、噛み合わせが改善されたり、顎関節症が治り頭痛や肩こりが解消されたりします。

 

□カウンセリングの内容

当院はインビザラインを使った治療を専門としています。
どうやってカウンセリングが進んでいくのか、当院の場合をご説明します。

 

*当院が行うカウンセリング

お客様が口内で悩んでいることや希望する治療内容、日常生活での支障等、相談を受けます。
加えて、インビザラインの利点、注意点、他の治療法との違いについてご説明します。

 

*カウンセリングで治療内容を知る

歯科矯正の治療はどうやって行われるのか、心配になるお客様もいらっしゃるでしょう。
カウンセリングでは治療の流れや治療期間が分かります。
また、治療に際して歯を抜く必要があるかどうかも確認できます。
そして、カウンセリング後、実際に治療を依頼するかどうか検討したいですよね。
そういうお客様に対して、検討材料となる資料を配布してくれる場合もあります。
当社では、カウンセリングによりインビザラインについてご理解いただいてから、お客様に治療を受けるか決めてもらっています。
治療を決められたお客様には、精密検査で口内の歯型を取らせていただき、装置の製造へと進みます。

 

□まとめ

歯科矯正を行う前にカウンセリングを行う必要があるのか、そしてカウンセリングの流れについてご説明しました。
お客様が理想の歯を求めるなら、治療前にカウンセリングを受けましょう。
治療内容やご自身の口内状況について理解を深めることで、治療への不安を軽減できると思います。
当社では、インビザラインでの治療を行っているため、お客様1人1人にあったマウスピースを作成します。
それに際して、丁寧なカウンセリングを行っておりますのでご安心ください。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。