オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2021年11月

インビザラインをお考えの方へ歯科矯正はどれくらいの期間が必要かお答えします!

「インビザライン矯正にかかる期間ってどれくらいなのかな」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
歯科矯正を考えている方は、なるべく早く効果を得たいと考えるでしょう。
しかし、期間が延びることもあります。
今回はインビザライン矯正にかかる期間や治療期間が延びる原因について紹介します。

□インビザライン矯正にかかる期間とは

インビザライン矯正にかかる期間は大体2から3年ほどが一般的です。
短いケースでは、1年半ほどで完了することもあります。
インビザライン矯正が終わるまで長い期間を必要とする理由は、歯は少しずつしか動かせないからです。
マウスピースは約1週間から2週間を目途に新しいものに取り替えるため、1ミリを動かすだけでも2か月かかります。
さらに、歯を動かす矯正期間と、歯並びを綺麗な状態で維持させるための保定期間があります。
一般的には前者が1から2年で、後者が1年ほどかかるといわれています。
そうはいっても、矯正期間自体は、動かす歯の数や動かす距離、部分矯正か全体矯正かなど事情によって異なります。
歯の動きについても人それぞれですので、これらの期間は参考程度にしておきましょう。

□治療期間が延びる原因とは

文頭でも述べましたが、実は治療期間が延びてしまうこともあります。
以下では、治療期間が延びる原因を4つ紹介します。
1つ目は、マウスピースを付ける時間が短いことです。
インビザライン矯正では1日20時間以上装着することが推薦されています。
装着時間が短すぎると、マウスピースを新しいものに交換した際に痛みや違和感がより強くでます。
その場合、計画通りに矯正を進めることが難しくなるので注意が必要です。
2つ目は、口内トラブルが併発することです。
虫歯や歯周病、銀歯の欠損などのトラブルが併発した場合、矯正治療を止め、トラブル対処を優先するケースがあります。
その場合、トラブルが改善した時には同じマウスピースの型が合わない場合があり、もう一度作り直しになる場合があります。
3つ目は、奥歯が噛み合わないことです。
1日のほとんどをマウスピースを装着した状態で過ごしていれば、噛み合わせが深い奥歯にはより負荷がかかります。
また、取り出す回数が多かったり、奥歯の移動が大きかったりすると、マウスピースと奥歯がズレやすくなります。
4つ目は、仕上がりに満足しないことです。
矯正後も問題が残ったままだと追加でマウスピースを作成して矯正を続けることとなります。
そのため、当然ですが計画よりも治療が長引いてしまいます。

□まとめ

インビザライン矯正にかかる期間や治療期間が延びる原因について解説しました。
治療期間が延びる原因は避けられないものもありますが、自身の努力で避けられるものもありますよね。
今回の記事を参考にインビザライン矯正をぜひ前向きに検討して頂ければと思います。
歯科矯正でのお悩みをお持ちの方はぜひお気軽に当社までご相談ください。

歯科矯正をお考えの方へインビザライン装着時の食事についてお話します!

「インビザラインを付けたままの食事ってどうしてダメなのかな」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
今回はインビザラインを付けたままの食事がダメな訳や食事に関してその他の注意点を紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□インビザラインを付けたままの食事がダメな訳とは

インビザラインを付けたままの食事がいくらダメだと言われても、理由が分からないと納得できませんよね。
まずはインビザラインを付けたままの食事がダメな訳を3つ紹介します。
1つ目は、壊れる危険性があるからです。
インビザライン矯正で使用するマウスピースは厚さが0.5ミリととても薄いことが特徴です。
そのため、食事中に付けたまま硬いものを噛むとマウスピースが壊れてしまうかもしれません。
インビザラインのマウスピースは硬い歯を移動させるために緻密に作られています。
そのため、少しの亀裂や欠けでも予定が狂ってしまう可能性があるのです。
最悪のケースでは、破損が原因でマウスピースを長期間付けられなくなり、その間に歯が後戻りしてしまうこともあります。
そうなれば、はじめの計画通りに装着できないためスタートからやり直しになることとなります。
手間も費用もかかりますので、くれぐれも食事中はマウスピースを外してくださいね。
2つ目は、着色の可能性があるからです。
マウスピースを付けたまま食事をすれば食べたものや飲んだものの色素がマウスピースに移ります。
機能に問題がなくても見た目が悪くなったり、衛生的にも良くなかったりと問題はあります。
3つ目は、虫歯や歯周病のリスクが高まるからです。
マウスピースを装着したまま食べると、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。
マウスピースと歯の間に食べかすが溜まった状態のまま放置すればプラークが溜まりやすくなり細菌の温床となります。
細菌から出る酸が歯を溶かしたり、歯茎と歯の隙間に侵入したりして、歯周病を引き起こすこともあります。

□食事に関してその他の注意点について

最後に食事に関してその他の注意点を2つ紹介します。
1つ目は、食べ歩きの際の注意点です。
食べ歩きの際はインビザラインを外すのが面倒に感じるでしょう。
しかし、必ず食事中は外して、専用のケースに収納してください。
2つ目は、飲み会の際の注意点です。
飲み会の際はお酒も入るため、取り扱いが雑になりがちです。
そのため、飲み会が始まる前に外しておくことをオススメします。

□まとめ

インビザラインを付けたままの食事がダメな訳や食事で他に気を付けたいことについて解説しました。
インビザラインを装着したまま食事をすると様々なリスクがあります。
今回の記事を参考に、食事はインビザラインを外してから楽しむようにしてくださいね。
インビザライン矯正をお考えの方は当社までお気軽にご相談ください。

歯科矯正を見た目で選ぶならインビザラインがオススメ!注意点も解説します!

「目立ちにくい歯科矯正ってないのかな」
歯科矯正はしたいけど、見た目が目立ちすぎるのは困るという方も多いでしょう。
そんな方にオススメしたいのがインビザライン矯正です。
今回はインビザラインの見た目や注意点について紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□インビザラインの見た目とは

営業や接客業などで常に人の前に立つ仕事が多い人にとって、矯正の見た目はとても気になるところでしょう。
インビザライン矯正は一般的に透明で薄く、目立たないといわれています。
以下で見た目について詳しく見ていきましょう。

*インビザラインはどのくらい目立たないか

インビザラインは薄く柔らかいプラスチックでできているため、歯に馴染みやすく、日常生活においても大半の場合気づかれず、目立ちません。
しかし、透明なプラスチックでできているため、歯の表面には光沢がでます。
加えて矯正装置と歯の間に空気が入ったり、色素沈着で黄ばんだりすると、多少目立ちやすくなるかもしれません。
しかし、かつての歯科矯正よりも、歯と歯茎を包むインビザラインは歯に馴染みやすく目立ちません。

*インビザラインは誰にも気づかれないのか

インビザラインはそれぞれの人に合った口内情報を元にカスタムメイドで作成され、歯と歯茎をしっかりと覆う透明のマウスピース型矯正装置です。
透明で目立ちにくいといっても必ず気づかれないとは言い切れません。
しかし、日常生活において歯を至近距離で凝視される機会はそうはないでしょう。
そのため、気づかれる機会はほとんどないと言えます。

□インビザラインの注意点について

最後にインビザラインの注意点について2つ紹介します。
1つ目は、1日に20時間以上は装着する必要があることです。
これは矯正効果を確実に出すために必要な時間です。
つまり、お食事や歯磨き中以外は日常的に装着していただく必要があります。
装着する時間が不十分だと歯が上手く動かなかったり、元に戻ったりして、また再製作する手間がかかる可能性があります。
2つ目は、紛失に気を付けることです。
マウスピースを外す際にティッシュなどに包んで保管しておくと、ご自身だけでなく家族が誤って捨ててしまう可能性があります。
もしそういったことがあれば再製作や治療期間の延長にも繋がるため、ケースに保管するなど工夫しましょう。

□まとめ

インビザラインの見た目や注意点について解説しました。
インビザライン矯正は目立ちにくいというメリットがあり、特に見た目を懸念している方にはピッタリでしょう。
今回の記事を参考に、インビザライン矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

インビザライン矯正は妊娠中でもできるのかについて解説します!

「妊娠中でもインビザライン矯正ってできるのかな」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
矯正を受ける方の中には、妊活中、もしくは治療中に妊娠が分かる方もいらっしゃいます。
そこで今回は妊娠中でもインビザライン矯正は可能なのかについて解説します。

□妊娠中でもインビザライン矯正は可能なのか

妊娠中でもインビザライン矯正が可能なのかという問題についてですが、結論から言えば可能です。
しかし、妊娠中の場合は何点か気を付けて頂きたいことがあります。

妊娠中はいつもより精神的にも肉体的にも敏感になる方が多いです。
ワイヤー矯正であれば自分で取り外しができないため、つわりで苦しい場合はクリニックに行く必要があります。
一方、インビザライン矯正では急に気分が悪くなった時でも取り外しが可能です。

さらに体質が突然変わることがある点にも注意が必要です。
インビザライン矯正では金属アレルギーの心配もないため、その点、安心して受けられるでしょう。

加えて妊娠中に安心して治療を受けるためには医師への相談が必須です。
まずは産婦人科の医師に相談してから、その後に矯正の歯科医師へ相談しましょう。
既に妊娠が発覚している方は、妊娠していることや何週目かをお話して頂けると良いと思います。

□妊娠中のインビザライン矯正について良くある質問

ここまでで妊娠中でも治療ができるという点をご理解頂けたかとお思います。
最後に、妊娠中で多いインビザライン矯正についての質問をまとめました。

1つ目は、妊娠中にレントゲンを撮っても良いかです。
インビザライン矯正では初めの段階でレントゲン撮影を行います。
妊娠中にレントゲン撮影は危険だと言われたことがある方も多いでしょう。
しかし、歯科のレントゲンはお腹から離れたところであり、被爆量も少ないです。

また、X線を遮るための防護用エプロンを必ず着用するため、お腹の赤ちゃんへの影響はほとんどないと考えられています。
しかし状態によっては行えない場合もあるため、妊娠初期で体調を壊しやすいという方は落ち着いてから受けると良いでしょう。

2つ目は、服薬や麻酔に関してです。
抜歯を行う場合には麻酔が必要となりますが、体調を壊しやすい時期は麻酔や投薬が難しいケースがあります。
しかし妊娠中でも時期をずらせば行える場合もあるため、医師にご相談ください。
またお薬については妊娠周期や状態、体質に合ったものが選択されるため、安心してくださいね。

□まとめ

妊娠中でもインビザライン矯正は可能なのかについて解説しました。
今回の記事を参考に、妊娠中の方は医師に相談した上で無理のない範囲で治療を続けていきましょう。
インビザライン矯正は精密性が高いという特徴があります。
興味のある方はぜひ一度当社にお声掛けください。

インビザライン矯正はエラ張りにも効果があるのかについて解説!

「歯列矯正で顔がスッキリした」
こういった声を聞いたことがある方も多いでしょう。
エラ張りで悩んでいる方など顔をスッキリさせたいという思いから矯正を始める方も多いようです。
そこで今回は歯列矯正で顔がスッキリする人の特徴や実際の効果について紹介します。

□歯列矯正で顔がスッキリする人の特徴とは

歯科矯正は本来、歯並びや噛み合わせを綺麗にするためのものです。
整形手術のようにフェイスラインを整えるものではありません。
まずは、フェイスラインがスッキリする人の特徴を3つ紹介します。

1つ目は、フェイスラインが角ばっている人です。
丸みがなく骨が浮き出たようなフェイスラインの人は抜歯をすることでフェイスラインが整いスッキリした顔立ちになる可能性があります。

2つ目は、エラ張りの人です。
噛み合わせが良くないと顔の筋肉のバランスが崩れやすくなります。
筋肉のバランスが原因でエラが張っている場合は、歯列矯正でかみ合わせを正せば余分な筋肉がなくなり、スッキリするかもしれません。

だだし、エラが張る原因は人によって違います。
元々の骨格がエラ張りであれば、歯列矯正だけでは不十分かもしれません。

3つ目は、顔の下部がふっくらしている人です。
つまり、顔の上下半分を分けた時に、下半分のみがふっくらしている人を指します。
いわゆる下膨れ状態の人は、歯列矯正の際に抜歯をすることでフェイスラインがスッキリするかもしれません。
歯が1本なくなれば、骨に対する負荷が減るため、顔が小さくなったように見えるでしょう。

□実際の効果はどうなの?

矯正により顔が痩せるという効果は得られませんが、歯並びの改善や肉付きの軽減により小顔になったと感じる方も多いです。
また、歯列矯正中は歯磨きが難しくお手入れに普段より気を付ける必要があります。
インビザライン矯正では食事をするたびに外さないといけません。

そのため、治療中は規則的な食事をし、歯磨きの回数を工夫される方もいらっしゃいます。
そうなれば自ずと間食も減るため、ダイエット効果により顔痩せするという可能性があります。

歯は筋肉や皮膚で覆われているため、口を閉じれば見えない部分ですが、フェイスラインに影響します。
歯の位置や噛み癖、歯ぎしりが原因で顔が歪み、フェイスバランスに不満を覚えるかもしれません。
そのため、気になる場合は一度矯正歯科に相談してみるのも良いでしょう。

□まとめ

歯列矯正で顔がスッキリする人の特徴や実際の効果について解説しました。
この記事で紹介したフェイスラインがスッキリする人の特徴に当てはまりましたか。
インビザライン矯正では多くの症例に対応できるというメリットがあります。
興味のある方は一度当社までお気軽にご相談ください。

歯科矯正をご検討中の方へ!矯正をして素敵な笑顔を手に入れませんか?

「素敵な笑顔を手に入れたい」
歯並びがコンプレックスで思い切り笑顔が作れないという方も多いでしょう。
そんな方にオススメなのが歯列矯正です。
今回は魅力的な笑顔とは何か、矯正によって素敵な笑顔が作れることを紹介します。

□魅力的な笑顔とは何か

笑顔は人に嫌なイメージを与えません。
人は顔立ちよりも素敵な笑顔に魅力を感じるというデータが出ています。
では魅力的な笑顔とはどんなものなのでしょうか。
それは、カーブと左右対称性です。

まずはカーブについて説明します。
笑った際に見える上の前歯の先端を結んだ線をスマイルラインと言います。
これは下唇のラインに沿って緩やかなカーブがある女性ほど魅力が高まります。

女性のモデルで言えば、スマイルラインのカーブが大きいとより顔立ちを引き立たせます。
一方でカーブがなく直線的になると男性的になるという論文もあります。

続いては対称性についてです。
上下の歯を噛み合わせた際に上の歯と下の歯の真ん中を結んだラインを正中線と言います。

これがズレると笑顔が左右非対称になり、男女関係なく笑顔の魅力が低下します。
もしこの正中線のラインが非対称でも、歯列矯正により改善する可能性は少なくありません。

特に歯の生え方や並び方に問題がある場合は、歯列矯正による効果を感じやすいでしょう。
ただし、あごの骨が歪んでいたり、曲がっていたりするケースでは、歯列矯正のみでの治療は不十分かもしれません。
場合によっては、外科的な手術を要する場合もあります。

□矯正によって素敵な笑顔が作れる!

ここまでで魅力的な笑顔とはどんなものかを説明しました。
では、歯列矯正で歯並びや噛み合わせを調整することで綺麗な歯を手に入れることができるとどうなるのでしょうか。

まずは、自分の歯が綺麗になることで気持ちがいつもより明るくなるでしょう。
さらに今まで歯がコンプレックスだったのであれば、口元に対しての負の感情も取り除けると思います。
コンプレックスがなくなれば自信にも繋がりますよね。

*にっこり笑える

これまで笑うときはいつも口を閉じていたという方も、口を開けて綺麗な歯を見せてにっこり笑えます。
口元が綺麗になれば、顔の印象もよくなるだけでなく、笑顔もよりきらめくでしょう。

*対面でも自信が持てる

歯のコンプレックスが原因で話すときはいつもうつむき加減だったり、あまり口を開かないようぼそぼそと話していた方はいませんか。
口元に自信がつけばおのずと顔も上がり、しっかり口を開けて喋れるようになるでしょう。
自然な笑顔を見せられるようになると、相手に好印象を与えられます。

□まとめ

魅力的な笑顔とは何か、矯正によって素敵な笑顔が作れることについて解説しました。
口元のコンプレックスをなくすことで、自信がつきます。
口元を綺麗に見せたいという方はぜひ当社までお気軽にご相談ください。

インビザラインで出っ歯は治る?歯科矯正をご検討中の方へ向けて解説!

「歯科矯正は出っ歯にも効果があるのかな」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
今回はインビザラインで出っ歯は治るのか、出っ歯の原因について紹介します。

□出っ歯の原因とは

出っ歯が原因で思い切り笑えないという悩みを抱えている方も多いと思います。
では、そもそもなぜ出っ歯になるのでしょうか。
ここでは出っ歯の原因を3つ紹介します。

1つ目は、あごの位置がズレているためです。
骨格上の上顎前突は、上頬骨と下頬骨の角度に大きく差がある状態のことで、要するに頬骨の位置がズレていることが問題です。
頬骨の位置がズレる原因としては、以下の2つがあります。

・上顎が全体的に前に出ている
・下顎が全体的に後ろに下がっている

2つ目は、歯の内側が外側に傾いているためです。
歯槽性の上顎前突とは、上顎と下顎の角度にあまり差がない場合で、歯が傾むいている状態のことを指します。
傾斜には主に3つがあります。

・上顎の前歯が外に傾いている唇側傾斜
・下顎の前歯が内に傾いている舌側傾斜
・上顎前歯は唇側傾斜でかつ、下顎前歯は舌側傾斜

これらの要因としては4つが考えられます。

・顎が小さく、歯が重なっている
・下で歯を前に押し出してしまう癖がある
・前歯で爪を噛む癖がある
・幼少時の指しゃぶり

3つ目は、歯の骨の位置のズレがある上に、歯が傾斜しているためです。
出っ歯でよく見られるのが骨格上の上顎前突と歯槽性の上顎前突が混ざったタイプです。
原因としては先天的な頬骨の問題に加えて、幼少期からの癖など後天的なものを併発したことが考えられます。

□インビザラインで出っ歯は治るのか

出っ歯の原因についてお話しました。
では、これらの症状はインビザライン矯正で治療可能なのでしょうか。

出っ歯を治療する上で患者様が気になるものとして抜歯があると思います。
インビザライン治療では、抜歯した場合としない場合の仕上がりをシミュレーションすることが可能です。
このシミュレーションにより、どれくらい前歯を移動できるか患者様と確認しながら治療を進めていきます。
成人の方の場合、歯を並べられる頬の骨の量が決まっているため、抜歯なしでは歯を安全に動かせないケースがあります。

出っ歯になっている前歯を引っ込めるには抜歯によりスペースを作り、そこを利用して引っ込めるという方法が取られるケースが多いです。
また、お口の状態にもよりますが、奥歯を後ろに動かしたり、顎を拡大して歯の隙間を作ったりすることもあります。
しかし、インビザライン矯正でも治療が難しいケースがあります。
そのためインビザライン治療で出っ歯が治療できるかはクリニックの先生の指示に従いましょう。

□まとめ

インビザラインで出っ歯は治るのか、出っ歯の原因について解説しました。
出っ歯になっている前歯が下がるだけで、顔立ちが大きく変わります。
インビザライン矯正では、マウスピース型のため、取り外しがしやすく、大切な用事には外せるなどメリットが多数あります。
興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

歯科矯正はどういった段階を踏んで行われるのかについて解説します!

「歯科矯正はどういった段階を踏んで行われるのかな」
歯科矯正をするにあたってどんな流れなのかは大体把握しておきたいという方も多いでしょう。
そこで今回は治療の流れや治療期間が短くなる方法について紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□治療の流れとは

まずは、マウスピース矯正の治療の流れを5段階に分けて説明します。

1段階目は、相談です。
まずはお客様がお持ちのお口の悩みや治療の要望、生活習慣についてお聞きします。
また、インビザラインのメリットや注意すること、他の治療方法との違いについても解説します。

2段階目は、精密検査です。
インビザラインについてよく理解をしてから治療方針に納得し、治療を決断された場合は精密検査に移ります。
レントゲン撮影や口腔内写真撮影などお口の歯型をきれいに採取できるPVS印象があります。

3段階目は、3D画像化治療計画です。
矯正歯科医院で採取した歯型やレントゲン写真、口腔内写真といった情報を米国アライン・テクノロジー社へ送ります。
そして治療完了までの歯の動きを3D動画で再現し、担当医の確認ができたら、一括製造します。

4段階目は、治療開始です。
矯正装置がクリニックに届いた後、治療が開始します。
装置の付け方や装着時間、注意点などを主治医がきちんと説明します。
基本的に一週間を区切りとして新たな矯正装置に交換します。

また、歯の移動が順調に進んでいるかを確認するために、4から6週間のペースで通院して頂きます。

5段階目は、治療完了です。
歯並びが一通り整ってから一定期間は保定装置を付け、元の状態に戻るのを防ぎます。

□インビザライン矯正で治療期間が短くなる方法とは

ここまでで治療の流れについてご説明しました。
最後に治療期間を短くする方法を紹介します。

治療期間を短くする方法の1つにiTero(口腔内スキャナ)を導入しているクリニックを選ぶという方法があります。
古いやり方で型取りをしているクリニックは時間ロスに繋がる可能性があり、iTeroを取り入れたところを選ぶことでよりスムーズに治療が行えるのです。
さらにコンピュータで色々なシチュエーションの治療期間を確認できるため、安心感がある点もメリットでしょう。

□まとめ

治療の流れや治療期間が短くなる方法について解説しました。
治療を受ける際は今回紹介した流れを頭に置いておくと安心でしょう。
当社では、対応できる症例が多いインビザラインをオススメしております。
少しでも興味のある方はぜひ当社にご相談ください。