治療の流れ

STEP1 相談

患者様のお口の悩み、治療の要望、ライフスタイルについてお聞きします。インビザラインのメリット、留意点、他の治療法との違いなどを詳しく説明します。

STEP2 精密検査

インビザラインについてよく理解して治療方針に合意し、治療を希望される場合は、次の精密検査に進みます。

レントゲン撮影や口腔内写真撮影、お口の歯型を精密に採取できる「PVS印象」などを行います。

 

STEP3 3D画像化治療計画~装置の製造

3D動画で歯の動きを見られます

矯正歯科医院で採取した歯型(PSV印象)やレントゲン写真、口腔内写真などのデータはアライナー(矯正装置)を製造する米国アライン・テクノロジー社へ送ります。

■歯の移動を3D動画化

日本から送られた患者様の歯型はCTスキャンで3Dデータ化して、患者様のお口の様子としてコンピューター上に再現します。その後独自のソフト(クリンチェック・ソフトウェア)で治療完了までの歯の動きを3D動画で再現します。

■担当医のチェック承認後、一括製造

主治医は患者様の治療開始時の歯牙の状態、治療終了後の状態、歯牙移動の途中経過など、すべての治療ステージの確認と必要に応じて修正の指示を行い、承認します。その後主治医の治療計画の内容に基づいて、治療完了までのアライナー(矯正装置)が一括製造されます。

STEP4 治療開始

アライナー(矯正装置)がクリニックに届いたら、いよいよ治療スタートです。

装置の着け方、装着時間、使用上の注意点など主治医がしっかり説明いたします。通常は1週間ごとに患者様で新しいアライナー(矯正装置)に交換していただきます。

治療中は歯の移動が計画どおり進んでいるか確認するため、4週間~6週間ごとに通院します。

STEP5 治療終了!保定期間へ

歯並びが整ったら、一定期間は保定装置を装着して元の歯並びに後戻りするのを防ぎます。

POINT!

矯正治療は良い歯並びを手に入れるための治療で、本来は何も恥ずかしいものではありません。
けれども・・・歯並びを良くしたいと思っていても、歯列矯正に対して「不自由」「怖い」といったイメージが先に立って、治療を躊躇している方が多いことも現実です。

インビザラインはそれらを改善した治療法だと云えます。

 

~インビザラインの詳しいプロモーション動画を見てみる~

よくあるご質問

Q. 前歯4本だけ矯正したいのですが、インビザラインでは部分矯正はできますか?料金は違いますか?

A.

出来る場合とできない場合があります。

奥歯に影響のある場合や下の歯に関係している場合は全体矯正になります。

前だけだと料金は安めになります。

Q. 自分の歯並びがインビザラインで矯正できるかどうか知りたいのですが、その時の相談や検査はいくらかかりますか?

A.

相談や検査の費用はいただいておりません。

どうぞお気軽にお越しください。

Q. インビザラインでの治療期間はどのくらいかかりますか?

A.

約1~3年くらいです。

個人差がありますので、ケースバイケースといえます。

Q. 40歳を超えていますが、インビザラインでの治療は可能ですか?

A.

インビザラインでの矯正治療に年齢制限はありません。ただ、ブリッジとかインプラントが入っている場合はひと工夫必要な場合もありますが、不可能ではありません。

Q. 下の歯、または上の歯だけを矯正治療できるのでしょうか?

A.

それも可能です。

Q. 他の歯科医院では歯を抜かないと矯正治療ができないと言われているのだが、インビザラインではいかがでしょうか?

A.

基本的には親知らず以外は抜かない方針ですが、抜いた方がうまくいくコトもあります。

Q. ずっとつけていなくてはならないのですか?

A.

インビザラインはマウスピース型なので、つけている時だけ歯を動かす力が働きますので、1日最低20時間はつける必要があります。

Q. 全体矯正と前歯部分矯正の違いは?

A.

部分矯正は前歯だけ移動するので、移動距離が少なく、歯の叢生の軽いケースに適応しています。
全体矯正は奥歯も移動させることができるので前歯も比較的大きく移動させることができます。どの程度前歯を移動させたいかは、個人個人で違うため一般論としてこれがいいとはいいきれないものがあります。
人それぞれのイメージが異なっているためです。そのためアライナー(マウスピース)を装着する前に歯牙移動のシュミレーションを見ていただいて、その段階で患者様に決定することができます。
もう少し移動させたい気持ちがあるなら、もう一度別のシュミレーションをすることができます。その結果をみて、前歯部分矯正(i7 of lite)か全体矯正かを選択してもらうことができます。